忍者ブログ
ドイツでの生活をまたーりと綴ります
プロフィール
HN:
hatoko
性別:
女性
NEKO
ブログ内検索
バーコード
お天気情報
最新CM
[12/20 kyoko.I]
[12/18 hatoko]
[12/16 kyoko.I]
[08/31 hatoko]
[08/27 まゆみ]
[12/28 hatoko]
[12/24 まゆみ]
最新TB
[95]  [97]  [96]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うちの村には毎年コウノトリがやってくる。今年は3月の中旬ぐらいにやってきたらしい。前は何があったんだろうか、煙突だけがあって、その上に巣がある。ダンナの両親のところからは、彼らの巣がよく見える。義父は時々、双眼鏡で彼らの様子を見ているようだ。

この間の月曜日、ダンナと両親のところにお茶を飲みに行ってたんだけど、この日は午後から雪が降っていた。外を見てみると、コウノトリが巣の上に立っていた。なんか、雪景色にコウノトリは不似合いだと思った。「コウノトリも、こんなはずじゃなかった、って思ってるだろうね」と言うと、「今年はまだ1羽しか見ていないのよ」と義母。
ダンナ「相方はスペイン辺りでゆっくり休んでるんじゃないの。ドイツは相変わらず寒いから」
私「えーコウノトリっていつも一緒じゃないの?一緒にドイツにやってきて、一緒にアフリカに帰るんじゃないの?」
義母「テレビでいってたけど、コウノトリはドイツに好んで過ごすらしいわよ。私もいつも一緒だと思ってたけど」
~お前らは何にも知らないんだなと、言わんばかりに~
ダンナ「一緒にやって来ないよ。毎年卵を産んでいるところが、待ち合わせ場所のようなもんなんだよ。巣の上でよく嘴鳴らしてるだろ?あれは、相方を呼んでいるんだよ」
・・・・ほんとなの?って直接は聞かなかったけど、ダンナは適当なことでも自信満々に説明するからなぁ・・・・。

せっかく暖かいと思ってドイツにやってきたのに、まだ雪が降ってるなんて。きっと、暖かいところで寄り道してから、ドイツにやってくるようになるかもしれないなぁ。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Karl
Wetter

kostenloser zähler
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]