忍者ブログ
ドイツでの生活をまたーりと綴ります
プロフィール
HN:
hatoko
性別:
女性
NEKO
ブログ内検索
バーコード
お天気情報
最新CM
[12/20 kyoko.I]
[12/18 hatoko]
[12/16 kyoko.I]
[08/31 hatoko]
[08/27 まゆみ]
[12/28 hatoko]
[12/24 まゆみ]
最新TB
[138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [129]  [128]  [127
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜日頃から降っていた雪が、本格的になってきました。積雪15㌢くらいあるかな。かなり久しぶりの大雪です。今日からガッコも始まって、子供たちは校庭の雪で遊びまくっただろうな。


アパートの敷地内の雪景色


車の屋根もすごいことになっている


私の実家はそれほど雪が降る地域ではないけど、冬はそれなりに寒い。今日はガッコからのお迎えなんだろうけど、子供を橇に乗せて、ランドセルを持っていたおばあちゃんがいた。小さい子と散歩の時も、橇に乗せてる人も多い。ダンナ曰く、「その方が楽チンだからね」

ダンナが小学校に通ってた頃、雪が降るといつも橇で遊んでいたと言う。スーキーよりも手軽だし、橇はわりと安いというのがあるのかな。この辺は平坦なところが多いのに、どうやって遊ぶんだろうと思ったけど、「Gartenの前が陥没してるじゃん。ちょうどガッコ帰りにそこから橇で滑って遊んでたんだよ」と、ダンナ。なるほど・・・・。「他にも教科書のビニールカバーを使って滑ったり、古タイヤの中身をもらって、空気入れて使ったり。俺なんか、農家からトラクターのでかいタイヤチューブもらって、使ってたんだぜ。3人くらい乗っかって楽しかったよ。みんなうらやましがっててちょっと自慢だった」という。それなりに加速がついて、スリリングだったろうねぇ・・・・。

こんなにも雪が降ると、みんな雪かきが大変、というか必死。自分ちの前の歩道に雪が積もってて、通行人がこの雪で滑って怪我をしたら、その家主が治療費を持たなければならない、という法律があるという。お金が絡むとドイツ人はきっちり守る。今度の水曜日にまた気温が下がるという。日中でも-10以下になるんじゃないかな。


義母の家の近く
この先は行き止まりなので、車の往来はほとんどここの住人のみ
なので、雪が降ったらいつまでも残っている危険地域
確か、この先のお宅にはフェラーリがあったような

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Karl
Wetter

kostenloser zähler
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]