忍者ブログ
ドイツでの生活をまたーりと綴ります
プロフィール
HN:
hatoko
性別:
女性
NEKO
ブログ内検索
バーコード
お天気情報
最新CM
[12/20 kyoko.I]
[12/18 hatoko]
[12/16 kyoko.I]
[08/31 hatoko]
[08/27 まゆみ]
[12/28 hatoko]
[12/24 まゆみ]
最新TB
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

環境王国ドイツのトイレットペーパーは、灰色またはわら半紙のようでな色でちょっとごつごつしている。いかにも「再生紙100%使用」というもので、一応2枚重ねになっている。でもこれは公共施設・学校、お店等で使われているもの。ご家庭用のはちょっとゴージャス。2枚、3枚重ねは当たり前で、4枚、5枚重ねというのもある。うちは4枚重ねまでは使ったことはある。ドイツ版「生活良品」みたいな感じで売られている「Ja」というところの製品。使い心地は、特別やわらかいとか肌触りがいいとかというのは感じなかった。ちょっとパリッとした感じ。ちゃんとした製紙メーカーのものを使っていれば病み付きになるくらい夢中になれたかもしれないけど、別に「病んでいる」わけではないのでそうこだわらない。ということで、うちは3枚重ねを愛用している。3枚重ねでも事足りるし、使っていた4枚重ねはなんとなく「糊がきいている」感じでやけにパリパリしすぎてて好きになれなかった。普通のご家庭ではどうか?私が訪問した家々ではほとんどが3枚重ねを使っていたので、3枚重ねはドイツ一般家庭では標準なのかもしれない。ダンナの両親のところでは一時期、柔らかな4枚重ねを使ってした。冬場によく鼻をかむので、手軽に使えてすぐに流せるトイレットペーパーが便利だからとか。一般的なのはポケットティッシュ。これが食事のナプキンの親戚みたいに厚くて丈夫。4枚重ねがデフォみたい。1回鼻をかんだぐらいで捨てるにはもったいない感じで、たいていは2、3回くらいは使う。なので、年々その強度と肌触りのよさは改良されている。ここ最近はローションティッシュのようなもの、鼻をかんだ後すっきりするようミント系の匂いつきというものが出ている。私としては家で携帯用のポケットティッシュの袋を破って使うのはちょっとためらってしまう。ドイツでも最近ボックスティッシュを見かけるようになったけど、みんな使ってるのかな?この間セールになってたので、ためしに買ってみた。ポケットティッシュをそのまま箱に詰めたもので、一箱に80組(枚)入ってる。

環境問題で「2枚重ねよりも1枚重ねを買いましょう」というのを日本で聞いたのを思い出して2枚重ねにするか3枚重ねにするか考えたことがある。私の場合、切り取り点線がついていたらその通りに使うタイプ。わざわざ中間部分や点線目の前で切ることはない。3枚重ねの場合は4区切りのところで切っている。2枚重ねの場合は5区切りが安心して使える厚さ。1ロールの長さは何枚重なっているかによって違うけど、ロールの大きさ区切りの長さはほぼ同じ。いくつに区切られているかは2枚重ねの場合は今となっては不明だけど、今愛用している3枚重ねは200区切り。2枚重ねの方が長くて長持ちしそうだけど、1回の消費量は多い。結果的には1ロールの消費速度はたして変わんないじゃないかと。どうでもいい考察をしてみました。

PR

といってももうそろそろ終わりそうですが。毎年楽しみにしているわけじゃないんだけど、ダンナが見るのでつられてみてる。知らなかったんだけど、ツール・ド・イタリア、スイス、スペイン、ドイツというのもあるらしい。今年のツール・ド・フランスは、ロンドンを出発してゴールのパリを目指す。最初はフランス国内だけだと思ったけど、実際はその周辺国をちょろっとコースに混ぜたりしてる。フランスの田舎の町並みはドイツのそれとは大して変わらないと思ってたけど、「ドイツはオレンジ色の屋根が多いかな。ドイツで好まれている色だから」とダンナ。ネイティブは見るところが違うんだな、と関心。ヨーロッパでは自転車競技は人気があるのか、普段から競技用の自転車&ウェアーを着て汗を流している人を多く見かける。中継を見ていても、その人気のすごさが分かる。沿道での応援、山の上での応援は凄まじい。場所的には選手がそんなに早く漕げないところ。お気に入りの選手・自国の選手が通ると、駆け足で疲れるまで追いかける。応援してくれるのは嬉しいだろうけど、時々ちょっと邪魔だったりする。いい塩梅のロン毛男が赤いヒモパンで選手をひたすら追いかけていたのが印象的だった。ちょっと間違えたら警察沙汰だろうけど、競技中はOKらしい。山頂から下るところはさすがに応援の人は少ないけど、山頂付近ではかなり賑わう。ここでの応援は割と重要だったりもする。天気が悪い時は、沿道の人が新聞を渡したりする。選手も普通に受け取ってる。なんでだろうと思ったら、「下る時は自転車でもものすごいスピードが出る。新聞紙をウェアーの下に入れて体温の低下を防いでるんだよ。下りきったら捨てればいいしね。普段はそう何枚もウェアーを重ねて着てらんないからね」らしい。いい話だ・・・。

競技は12時ぐらいに始まって、17時ぐらいにゴールするというのが3週間続く。「おなかすいちゃうなぁ」と思ってたら、チームの車が伴走してころあいを見計らって、「おやつ袋」を渡してた。飲み物はもちろんだけど、他は何が入っているのかはよく分からない。去年はバナナを見かけた気がした。応援してる人からも飲み物をもらったりもしている。おやつ袋は用がなくなれば、適当に投げ捨てる。それをファンが拾って持ってかえる。ドイツでも自転車レースがあるらしいけど、こっちの方にも来るのかな?近くに来るようだったら見に行ってみたいな。

欧米の人たちは自分の血液型を知らない人が多いらしい。日本人は90%ぐらいは知ってるよね、多分。でもO型の人はあまり拘らないというか、昔職場で自分の血液型を知らないという人がいて、数日後「O型だって」とどこかで調べてきたらしい。ダンナも自分の血液型を知らない。でも、とりあえずどんな型があるかは知っているらしい。
私「なんで知らないの?どっかで検査とかしないの?」
ダンナ「知る必要なんかないじゃん。検査なんかしたことないね」
私「病院に担ぎ込まれた時知ってれば便利じゃん」
ダンナ「そんなの本人が言っても病院でちゃんと検査するから、知ってたって意味ないじゃん」
ドイツ人らしい答えだ。
私「そういや、バイクで事故って入院したことあるんでしょ?そん時聞かなかったの?」
ダンナ「聞いたかもしれないけど、忘れた。関心ないし」
ダンナの身内で唯一知ってる人がいた。違う村に住んでいるおじさんの奥さん。そのおばさんはAB型のRh-なので、知っておく必要があるらしい。

血液型で人の性格の判断材料にするのは日本ぐらいで、あまり科学的根拠はないとか。でも、ダンナの身内の性格・行動から、血液型を何となく想像してしまう。レストランのおじさんはB型くさい。わりとマイペースで、のめりこむとすごく夢中になるけど、すぐ飽きる。同じにおいがする。みんなが忙しい時に最近読んだらしい本について、甥っ子を捕まえて延々と話したり、「最近オペラを聴くんだよ」と私にいろいろと説明して、片づけをしている時は大音量でオペラの流す。でもそれは2月くらいまで。最近は普通のポップスなのかロックなのか、今時の音楽をながしている。おばさんはA型かな。曲がって置いてあるものはすべて正す。話をしながらでも、あちこち正す。ダンナはO型だと思う。あまり細部に拘らず、その場の雰囲気で物事を決める。数日後、設定がちょろっと変わってる。もうその時の雰囲気じゃないから。義母もあまり細かいことに拘らないかな。義父はA型ぽい。出したものは元通りに片付ける。記念日は忘れない。結婚記念日には義母に毎年花を贈ってるらしんだけど、彼女は「あら、なんで花をくれるのかしら?」と時々いうらしい。こんな風に想像してみても、確かめる術がないんだけどね。
やっとバラが咲きました。今回は得体の知れない虫にやられることなく、第2弾が咲きました。ずいぶん長いことかかるな、と思ってたら、額の部分が微妙にくっついてて開きにくかったのかも。買った時の色が薄いピンクだったんだけど、今回はサーモンピンクぽい色に。日光の当たり具合なのか、液体肥料の影響なのか・・・・。

 

先週だったかな?ハンブルクにある中国レストランで6人が惨殺されたという事件があったのは。一時期は中国マフィアによる上納金、いわゆる用心棒代がらみの事件では?中国マフィアがドイツで幅を利かせるのもそう遠くはない?というようなことを言われていたけど。ベトナム人が犯人という話も聞いている。ドイツでは以前はイタリアマフィアが幅を利かせていたけど、最近はロシアンマフィアが活発だという。旧東ドイツのザクセン州では昔から大勢のベトナム人が住んでいる。「まぁ、思想的に通じ合うところがあるからねぇ」とスイスの友人が意地悪っぽく教えてくれた。ライプチヒではベトナム人と中国人の確執があったという。ライプチヒのはずれの方にはベトナム人が多く住む居住区がある。ダンナが自営でやっていた配達業時代、時々仕事を請け負う事務所への通り道は夜のデンジャラスゾーンで、「あそこは戦場のようだったよ。放火やら暴力沙汰で警察も毎日張っていたよ」、とダンナが言ってた。今はそういうことは起こらなくなったらしいけど、上手に住み分けているのかもしれない。この辺でベトナム人はたいてい衣料品・八百屋を営んでいて中国人はレストラン関係。「中国レストランの多くはマフィアが絡んでるんだよ」とまたまたダンナ。若かりし頃電気工事関係の仕事に就いていた時に中国レストランの工事を請け負ったことがある。オーナーは流暢なドイツ語であれこれ工事の指示をして、「あ、ここの天井に電灯つけて」と現ナマをポンと出したりと気前がいい。気さくな人らしく、いろんなことをペラペラとしゃべってくれたりもするという。「今あちこちにレストラン建ててるんだよ」と、悪さして稼いだお金をレストラン経営で洗浄しているようなことまであっけらかんと話してくれたという。工事中のレストラン内にはここで寝泊りしている中国人が数名いて、1日中レストラン内で過ごしているという。「外には出られない人たちだったんだよ」とダンナ。数年後、この中国人のレストランはすべて店じまいしいる。ダンナの話に出てきたレストランはこの近くにあって、今ではイタ飯だかスペインだかのレストランになっていたと思う。

ベトナム人も昔から住んでいただけあって、得意分野があるという。
「連中はよくタバコの密売をしていたよ。この辺に物売りに来るベトナム人がいてね。注文も受け付けていたよ。でもそんな彼も『子供が大きくなってね。もうそろそろタバコの密売はやめるんだ。安心してドイツに住みたいしね』といって足を洗ったけどね」
なんでこうもみんなペラペラとしゃべるんだろうね。ちなみにこのタバコは普通のタバコで、特別身体に悪いということではなく(なんとなくそんなイメージがあったんだけど。安いだけあって)、チェコやポーランドから大量に安く買い付けて市場価格よりも安く売るというだけらしい。タバコ自体は高くなくて、税金が高いだけという。

3年前に東南アジア系の人たちによる集団万引きがこの辺のでかいスーパーで頻発していた。なんでも麻薬中毒にしてあちこちで万引きさせていた中国人グループがバックにいたらしい。盗んでも高が知れてる量だし(なんか、歯ブラシとかシャンプーとかそんなこまごましたものらしい)どこまで本当なのかは分からないけど・・・・。どこの国にいっても中国人は強いなと感心してしまう。中国人の留学生の話しを聞くと、逞しくなければ生きていけないというのが分かる。昔の職場にいた中国の人はお金はないけど、まず電話を引いたという。いつでも連絡が取れるように。この人も親戚から借金をして日本に留学したらしいけど、在学中も借金を少しずつ返していたのかな?研究室で助手みたいなことをやりながらドクター取ったのかな。目的はどうであれ、外国にいる中国人は同じ事情を背負っている人が多いんだろうな。

うちの最寄の空港。まだ作りかけという感じだけど、夜間の離発着ができるのはドイツ国内ではここだけらしいので、周辺はUPS、DHL、ポルシェ・BMW(確か・・・・)の工場などが進出して、空港の更なる成長を期待されている。ここの空港は高速道路や普通の道路が敷地内をにあったりして、道路が工事中なのか工事のための道路なのか、「この間まで一通じゃなかったじゃん」と何とも複雑。高速道路が敷地を分断しているため、飛行機専用の高架道が高速道路の上をまたいでいる。時々下の写真のような光景がお目にかかれる。これのせいで事故を起こす車が後を絶えないとか。先日も10台の玉突き事故で2人が亡くなっている。事故の原因は聞いてないけど、ダンナ曰く、「高架道を通る飛行機に見とれてたにちがいない」とのこと。この高速道路はミュンヘン、ベルリン、ハレ、ドレスデンへと向かっていて、交通量もそれなりに多い。しかもドイツの高速道路は時速120-140kmは普通なので、ちょっとしたよそ見が大きな事故となってしまう。確かに不思議な光景で、おもわず見とれてしまう。こんな高架道が2本あるという。かなりデンジャラスな地帯である。

Flughafen_Leipzig_Condor1.jpg

*まゆみちゃん*
ドイツ滞在時のいい思ひ出だね。もうちょっといい仕事を見つけていたら、あの壮大な計画は実行できたのにね。非英語圏でのワーホリは難しいね。トルコはオスマントルコ時代の栄華をいまだ引きずっているとのこと。さすがに悔しいだろうね。経済的にも負けてないのに先を越されてしまって。確かキプロス島はギリシャとトルコが領有してるのかな?それともギリシャだけ?ここにもトルコ人がたくさん住んでて、住民投票か何かでEUに加盟参加を決めたんだよね、ギリシャと一緒に。トルコ人も食い込んできているよ、徐々に。

今さらだけど、今年の1月からブルガリアとルーマニアがEUの仲間入りに。どんどん東に拡大していくEU。でも各国の経済格差があまりにも大きいので、時期尚早とも言われている。ポルトガル、スペイン、イタリアはその当時でお荷物だった。最初のEU統一の時は各国のお金も一緒に統一したけど、次回の東ヨーロッパの国々に対しては共通通貨の流通を見合わせている。数年前に加盟したポーランドとチェコとかはもうそろそろユーロになるのかな?イギリスでは相変わらずポンドだけど、デンマークももともとの通貨を使っている。国民投票をして自国の通貨をユーロにすることを拒否したらしい。ドイツも国民的にはそうしたかったんだって。でも政治家がそれを知っていたので国民の声を無視して強行したらしい。「政治家はその時代どうやって自分の名前を残すかが重要なんだよ。カス」とダンナ。

ということで、今月に入ってからブルガリア・ルーマニア人が「イタリアで合法的に働ける」ということで、バスや電車で大勢イタリアに押しかけているという。ドイツやフランスなど他の国々は、前回ポーランド・チェコ人が職を求めて大勢押しかけてきて懲りたので、予め「住んでもいいけど働けない」という法律を作っておいたらしい。イタリアはそれを忘しまったとか。ドイツでは東ヨーロッパの人たちは安く使うことができる。今でもそうだけど、その当時も失業者が多く、そこに安く使える労働者がたくさん押しかけてきてますます人があぶれてしまったらしい。でも農家の人たちは大助かりらしい。合法的にポーランド人(チェコ人もかな?)が使えるということで。春になるとドイツでは白アスパラガスの出荷が始まる。この時期の白アスパラは高くていい値で取引されるので、農家にとっては稼ぎ時。白アスパラの収穫にはポーランド人が欠かせない。自給が安すぎるのと重労働でドイツ人が働きたがらないから。白アスパラは畑に畝を作って盛り土で日が当たらないように植えられ、穴を掘って収穫してはまた埋め戻しの作業で腰にきそう。確か、自給がものすごく安かった。2ユーロ?「ドイツ人もやればいいじゃん。ぷらぷらしてるよりはいいじゃん」とダンナに言うと、「2ヶ月この自給で働いてみろよ。この給料が失業手当の基準になるんだよ。こんなんじゃ誰も働かないよ」という。こんなんで失業手当もらえるのもすごいけど、確かにこれじゃ生活できない。役所としても失業者を少なくしようと、農家が提示する自給(ドイツ人の場合は2ユーロじゃないと思う)+役所が補填、という形で募集したけど、あまり効果がなかったらしい。

あまりピンとこなかったけど、ブルガリアとルーマニアは貧しい国だという。「ブルガリア?ルーマニア?あそこには何もないよ。ただ貧しいだけだよ」と、ダンナ。「あそうそう、ここでの偽札のほとんどはブルガリアで作られるんだよ」とちょっとまめ知識。ブルガリアは旧東ドイツの頃は「家族」で休暇を過ごす定番の場所だった。西側に渡ってしまった家族とここで落ち合って過ごすという。確かハンガリーも?ダンナが若かりし頃、2週間ほどブルガリアに滞在したことがある。
「ペンションの朝食はパン、バター、ジャム、牛乳だけ。夜は鶏肉がついたけど。街の肉屋を覗いたけど、鳥が2、3羽吊るされてただけだったよ」
と当時を振り返ってくれた。3年前に聞いた話では「ルーマニアは貧しくて高速道路がないの」とルーマニアの子が言っていた。ブルガリアにも高速はないらしい。ヨーロッパと「貧しい」というイメージはなかなか結びつかないものだけど、ドイツとチェコの国境の町にドライブに行った時、「ここはスラム?」というくらい荒んでいたので、イメージは変わりつつあるけど。トルコはEU加盟を熱望している。トルコは既にEUとなっているハンガリー、ブルガリア、ルーマニアよりは豊かな国らしい。でも、女性の人権問題なんかでなかなか難しい。ドイツでもトルコのイスラム的な考え方を嫌って西欧的な価値観をもった女性が家族(兄弟・父親とかおじさん)に殺されたりしている。宗教に基づく伝統・風習・価値観をかえることは難しいけど・・・・・イスラム的な価値観を受け入れるのも難しいだろうな。

昨日ダンナと買い物に行ったときのこと。カートを使おうと入り口近くにあるカート置き場に向かうと、いつもなら「そんなに買い物するの?」と、私がいつもムダ買いをしているかのようなことを言うんだけど、この日は何の一言もなかった。ダンナのほうを見ると靴ヒモを直しているようだった。かまわずスーパーに入っていくと、ダンナが追いついてきた。なんかご機嫌だった。「5ユーロ拾っちゃった」と小声で言う。最近ラッキーじゃん・・・・。この間、タバコが切れて「村の自販機はまだカード無しでいける」と変な確信を持っておじさんところにあるタバコの自販機にチャレンジ。「年齢確認が必要です」とか自販機に表示が出た。悪態をつきながら返金ボタンを押すと、前の人が1ユーロをとり忘れたらしい。「得しちゃった」とたばこ銭のたしにした。去年も自転車でダンナと郵便局に行く道すがら5ユーロ紙幣を拾ってる、しかも自転車こぎながら見つけてるし。けっこう小銭拾ってんじゃん。

アニキは去年の銀行で1万円を見つけたので、銀行の人に渡したらしい。でもこのお金は「半年たって持ち主が現れなかったら・・・・」というののはなく、銀行のものになるらしい。それとも、銀行内で拾われたお金は届けた時点で銀行のものになるのかな?このアニキの話をして「ドイツはどうよ?」ダンナに聞いてみた。「銀行でお金拾ったらどうなるかは知らないけど、みんなそのままポケットに突っ込んでるよ」という。因みにドイツでも半年たって持ち主が現れなかったら拾った人のものになるらしい。「じゃぁ、いくらくらいだったら届けるのよ」と聞いてみる。
「100ユーロまではそのままポケットに入れるね。あんまり大金だと盗まれた可能性が高いし、へたしたら札番控えられてるかもしれないじゃん。犯罪に巻き込まれる可能性もあるし」という。「5ユーロ、10ユーロ落としたからってわざわざ警察に届けるやつなんていないよ。なくなっても気づかないだろうしね。だから、みんな拾ったらそのままだよ」と持論を聞かされる。・・・・・そうかもしれないね。ユーロは紙幣の数が多い。5、10、20、50、100、200、500ユーロとある。100ユーロ以上は札で持ち歩くことはあまりないだろうし、落としたら警察行くだろうな。日本だと1000、2000、5000、10000円で、この桁数が罪悪感を誘う。日本銀行はよく考えているのかもしれない。

修正:「1月から始まったこと」の記事で「銀行に行ってカードに自分の年齢を入力する」とか書いたけど、これは銀行に行って新しくカードを作ってもらうらしい。「1月からこのカードで買える人間なんていねーよ」と1月4日にはおじさんとこの自販機がこのシステムが既に稼動していることに腹を立てダンナが言ってた。

あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします


こちらのブロクに移りました。特に理由はないのですが、ネットをウロウロしているうちに偶然見つけました。テンプレ(背景)が豊富というのをいじっているうちに知りました。素敵なのがたくさんあります。
使い勝手ですが、本文書くのもワード使いの方なら親しみがあるかもです、ってどうでもいいんですが・・・・。いろいろと便利&すてき機能がついてます。

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Karl
Wetter

kostenloser zähler
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]